韓国の結婚式に呼ばれたらどうしたらいいの?日韓結婚式の違いをまとめてみた!

韓国結婚式 

アニョハセヨ~Bebe公式TOPキュレーターのharuです🙋💕

Bebe読者の皆さんの中には韓国人のお友達がいるよ!という方もいらっしゃいますよね。

そのお友達が結婚したらぜひ結婚式に参加したい!と夢を抱いている方もいらっしゃるのでは。

でも実際に結婚式にお呼ばれしたら、どういう風にしたらよいかいろいろ心配ではありませんか🤷

キュレーターの私も韓国人のお友達に結婚式に呼ばれた時は、流れや作法などが心配で調べまくりました。

今日は私の実体験を元に一般的な韓国の結婚式の流れについてご紹介させていただきます👰

お友達やお知り合いの方に結婚式にお呼ばれしてもスムーズに対応できるように、熟読くださいね♡

招待状事情と返事はどうしたらよいの?

韓国結婚式招待状

iam_ar@instagram

私の場合は韓国人の友達にとって外国人ということもあり、結婚式の2か月ほど前にご招待の連絡をメールでもらいました。

その後、結婚式までに会う予定があったので、その時に招待状を受け取りました。友達には招待を受けた時点で参列すると告げていましたが、通常、韓国では出欠の返事はしなくてもよいです。

招待状の形式ですが、日本と同じような招待状もあります。日本と違うことは招待状とは別にLINEやKakaoで電子招待カードをもらうことが多いです。

韓国結婚式 招待状

 

電子招待カードには結婚式の日時や場所はもちろんのこと、新郎新婦の写真や動画、新郎新婦へのお祝いのメッセージの書き込みページなど盛りだくさんのコンテンツが織り込まれています。

韓国結婚式 招待状

日本はある程度、参列者は決まっています。韓国はそこまで堅苦しくなく、友達の友達が参加したり、昔は通りすがりの人でもお祝いしたい気持ちがあれば参加できると言われたほど。参列へのハードルは高くないようです。

電子招待状の普及もあり招待する人数も多く、参加表明も日本と比較しかなりふわっとしていることから、結婚式当日まで参列者の数が読めないようです。

そのためお料理なども多めに用意しなくてはならず、大変と聞きました。

また、日本の結婚式では遠方から来ていただいた方に「お車代」として交通費の負担をしてくださる新郎新婦の方もいらっしゃいますが、韓国は「お車代」を出す習慣はないようです。

新着エントリー

韓国結婚式 

気に入ったらシェアお願いします♪