韓国に住もう!日本とは違う韓国の物件の種類&メリットデメリット紹介

韓国の不動産の種類&メリットとデメリットって?

1.プライベートを守りたい人におすすめ ワンルーム

1.ワンルーム

https://www.owchikorea.com/understanding/

ワンルームは、日本でいう一人暮らし用のアパートです。(韓国ではアパートと言うと家族用のマンションを意味します)

韓国のワンルームは、基本的に家具がついたフルオプションの場所が多いです。

部屋の広さは日本と同じく家賃によってさまざまです。

家賃相場

・新村エリア

・保証金500万w

・6〜8畳の部屋

・月々の家賃は30万w〜50万w

ワンルームのメリット&デメリット

・完全に個人のスペースが確保できる

・プライベートが守られる

・契約期間は1年以上と決まっている

・最低でも500万wほどの保証金が必要

まとまったお金があってプライバシーを守りたい人におすすめです。

2.短期間住む人やとにかく費用をおさえたい人向け コシウォン、コシテル

2.コシウォン、コシテル

https://japanese3.wixsite.com/squarekorea/fullscreen-page/comp-jra6jb2f/9a2ea69c-1f99-11e9-a9ff-063f49e9a7e4/2/%3Fi%3D2

コシウォンやコシテルって聞いたことのない方が多いと思います。

これは韓国特有の不動産システムかな?と思うのですが、受験生や学生が勉強するためにベッドと机のみ設置された部屋を「コシウォン」といい、そこにシャワーとトイレが設置された部屋を「コシテル」と呼ぶそうです。

家賃相場

・新村エリア

・保証金なし

・2〜3畳の部屋

・月々の家賃は30万w〜50万w(光熱費込み)

コシテルのメリット&デメリット

・保証金や契約期間がなく、家賃も安いので手軽に入居できる

・キッチンや洗濯機は共同

・部屋はかなり狭く、壁が薄い

・トイレ&シャワーが狭い部屋についているので湿気がたまりやすい場合も

以前はきたなくて古いイメージでしたが、最近はリフォームされてきれいな物件もとても多いそう。

短期の方や、費用をとにかく押さえたい人におすすめです。

新着エントリー

気に入ったらシェアお願いします♪