見た目が衝撃的だけどおいしい?!日本人が驚く韓国グルメ

1.鶏の足そのもの!?辛さと食感がくせになる「タッパル」

みなさんこんにちは♡

韓国には「雨の日はチヂミやマッコリを食べる」など、私たち日本人が少し不思議に思う食文化が存在します。

せっかく韓国に来たからには、韓国でしか経験できないグルメや食文化を知りたい!!なんて思いませんか?

そこで今日は、韓国ならでは?!見た目は衝撃だけどおいしいと話題の、日本人が驚く韓国グルメを紹介します。

1.鶏の足そのもの!?辛さと食感がくせになる「タッパル」

1.鶏の足そのもの!?辛さと食感がくせになる「タッパル」

myknow00@Instagram

1.鶏の足そのもの!?辛さと食感がくせになる「タッパル」

「タッパル」とは鶏の足をぶつ切りにし、唐辛子ベースで煮たり炒めたりした料理です。

鶏の足そのものの見た目がグロいですが、外はプリプリ中はコリコリした食感と激辛がくせになるおいしさです。

タッパルを食べる時は「チュモッパブ」といわれる一口サイズのおにぎりと一緒に食べるのが定番。

焼酎やビールともよく合い、韓国人の夜食やおつまみの定番です。

1.鶏の足そのもの!?辛さと食感がくせになる「タッパル」

気に入ったらシェアお願いします♪