Bebeオススメ!2019韓国旅行で絶対に行きたい人気スポット♪

韓国はオシャレなカフェやおいしいグルメ、インスタ映えスポットからショッピングまで女子旅にぴったりの観光ができる場所がいっぱい。

韓国旅行のド定番ソウル、明洞(ミョンドン)はコスメ、カフェ、おいしいグルメまでなんでもあって1日過ごせちゃう。

そんなド定番の明洞もいいけど…

今回、Bebe編集部は初めて行く方でも異国的な雰囲気を感じることができる今大注目のスポット「解放村(ヘバンチョン)」を詳しくご紹介します。

カフェやレストランもインスタ映え♡解放村(へバンチョン)って?

解放村のオシャレなカフェが続々オープン♡

地下鉄6号線梨泰院(イテウォン)の隣の緑莎坪(ノクサピョン)駅から少し歩いたところにあるのが解放村(ヘバンチョン)。

解放村はもともと、朝鮮戦争後、南北分断によって北朝鮮へ帰ることができなくなってしまった避難民の住む街だったのですが、ここ数年でオシャレなカフェやショップがどんどんオープンしています。

ソウル庭園博覧会の舞台にもなった解放村

この地域は「ジュテッ(住宅)」と呼ばれるワンフロア毎に別々の世帯が住んでいる3階建てくらいの住宅や、「ビラ」と呼ばれる一人暮らしや少人数が暮らす5階建てくらいの集合住宅が細い路地にひしめきっています。

急な坂道や急な階段が多いので、運動靴で来ることをオススメします。

解放村は「2019ソウル庭園博覧会」の舞台となっており、街の中に撮影できるスポットが32か所ありました。

街の中心的な存在、新興市場(シヌンシジャン)

再開発でもっとも変わった場所の一つ。
昔ながらの雰囲気は残しつつ、オシャレになったおショップが若い人に人気となっています。

新興市場(シヌンシジャン)もオレンジコスモスを中心に「2019ソウル庭園博覧会」の飾り付けがいっぱいでした。

解放村で開催された「ソウル庭園博覧会」って?

今年で5回目を迎えた「ソウル庭園博覧会」。

「千の森、千の庭園」を目標にソウルの自然や庭園を広めていくなかで、庭園文化を身近に感じられる博覧会です。

今年のソウル庭園博覧会は、大型公園(オリンピック公園、ワールドカップ公園)ではなく、老朽化した都心住宅地の龍山区解放村を開催地として選んだそうで、街の特徴を活かした地域庭園がなんと32箇所!

キレイな花が多く飾られ、街全体がガーデンロードとなり、自然を感じられるフォトスポットが満載でした。

「2019ソウル庭園博覧会」イベント内容

名称:2019ソウル庭園博覧会
場所:万里洞広場 – ソウルロ7017- 白凡広場 – 解放村(厚岩洞) 一帯
開催期間:2019.10.03(木)~10.09(水)7日間
電話番号:02-2133-2108 (ソウル市造園課)
公式ホームページ:http://festival.seoul.go.kr/garden
事業内容:町内庭園D(作家), S(学生), R(住⺠)/招待庭園/住⺠参加庭園/造園産業展示会/市⺠参加プログラム/文化公演/庭園関連学術会議など
テーマ:「庭園、都市再生の種になる」
スローガン:「どこに行っても街の庭園」

まだ間に合うかも?!解放村でインスタ映えを狙おう

「2019ソウル庭園博覧会」は2019年10月9日(水)で終了していますが、解放村のお花はそのままにしてあるそうです。

梨泰院巡りのついでに!?いやいや、ついでではなく!!
Bebe編集部も全然回りきれていないほど、充実したオシャレスポット巡りにぜひ足を運んでみてください!

また、Bebe編集部も現地調査してきます(^^)
面白い情報はBebe公式Twitterにお寄せください!

新着エントリー

気に入ったらシェアお願いします♪